飲食店の法律問題

> >

私生活上の非行を原因として、従業員を懲戒処分できるのか

私生活上の非行を理由とする懲戒処分の可否 本来、懲戒処分は社内の秩序維持を目的とするものなので、社外での私生活上の行為を理由として懲戒処分をすることはできないはずです。 しかし、私生活上の行為であっても、それが会社の社会 ...

続きを読む

飲食店における残業規則を守らない従業員への対処法

残業命令を拒否する従業員に対する処分 繁忙期に残業を命じたときに残業に応じない社員がいる。そんな社員を処分できるのでしょうか。 まず、会社が労働者に対して残業を命じることのできる要件を満たさなければなりません。 労働基準 ...

続きを読む

やらかした従業員の損害金と給料を相殺できるの?

例えばアルバイト従業員がレジの中から現金1万円を盗み、本人も自分が盗んだことを認めているので、今月の給料から1万円を控除したい。 そんなことは可能なのでしょうか? 従業員への損害賠償金と給料の相殺ができるのか 店舗のお金 ...

続きを読む

無断欠勤や遅刻をするスタッフの解雇をすることができるか

無断欠勤や遅刻を理由とする解雇 まず、無断欠勤については、①届け出のない欠勤に限るのか、②届け出があって も正当な理由のない欠勤も含むのかが問題となります。 ②を含むならば無断欠勤の定義を就業規則に明示しておいてください ...

続きを読む

飲食店における労働時間の申告について弁護士が解説

労働時間の自己申告制 飲食店で多いのは、シフト表と自己申告制を併用して労働時間を把握している場合です。しかし、シフト表はあくまで出勤予定表にすぎず、使用者が自ら確認した記録ではありません。 ですから、使用者または店長が実 ...

続きを読む

従業員への休憩時間の扱いってどうなるの?

飲食店において、従業員の休憩時間の扱いが問題になります。そこで今回は、休憩時間の法律的な扱いについて解説します。 休憩時間の法律 1日の労働時間が6時間を超える場合は45分、8時間を超える場合は1時間以上の 休憩時間を労 ...

続きを読む

飲食店のアルバイトパートタイム労働者の法律を解説

飲食店を経営している方は、たくさんのアルバイトやパートタイムの方がいると思います。そんな中、近年、パートタイム労働法が改正されたのですが、パートタイマーを採用する際の説明としてどのような点に注意すべきなのでしょうか? パ ...

続きを読む

飲食店のメニュー・料理の表示ではどんなことに注意すればいいの?

飲食店とメニュー表示と法律 飲食店のメニューや料理の表示も、景品表示法の規制を受けます。 ただし、具体的にどういった表示をしなければならないのか(してはならないのか)ということを、法律が具体的に定めているわけではありませ ...

続きを読む

飲食店で多発するパワハラ問題!その注意点を弁護士が解説

パワハラの意味と責任について知っておこう パワーハラスメント(パワハラ)とは、職務上の地位や職権を利用して嫌がらせをすることをいいます。 具体的には、不合理な命令、過剰な指導、被害者の人格を無視した行為などを指します。 ...

続きを読む

飲食店が従業員の採用時に気を付けるべきポイント

採用時の提出書類 採用が決定した従業員に対しては、すぐに入社日や出社時間、出社場所などを通知します。同時に、住民票記載事項証明書や扶養控除申告書などを提出してもらいます。 住民票記載事項証明書は、住民票に記載された事項の ...

続きを読む